読書「私とは何か」

知り合いがお勧めしていた平野啓一郎さんの「私とは何か」という本を読んだ。結論からいうと理解が難しい内容だったけれど、自分の考え方として取り入れようと思えたパラダイムシフトとなる良書だった。ちなみに読み終わった後いつ発行されたのかと思い日付をみると2012年だった。当時はアメリカ駐在から帰ってきて日本の大学院に通っていた時。今も当時もほとんど読む本はビジネス書であり、こんないい本が当時あったんだなと思うと、情報伝達コストゼロ社会におけるアンテナの張り方の重要性を改めて思い知った次第です。

この本のタイトルは「私とは何か?(個人から分人へ)」であり、この本の冒頭では「本当の自分」なんていないよと強烈なメッセージを出しています。つまり本当の自分探しの旅をしても自分はみつからないという考えです。

本を読んでいて最初のうちは、TPOや相手に合わせて接し方・コミュニケーションを変えることを、「分人」という表現に置き換えているだけで、単に言葉遊びしてるだけじゃないかという思いに駆られていた。けれど、冒頭で平野さんの過去の体験における心情の記述があり、自分も共感するところがあった(自分のケースでは思春期の時、友達に恵まれて、友達といて楽しいときもあるが、どこか楽しめていない自分がけっこういたなという感覚)。そのためその後の生活を通して、平野さんがどう人生に対して自分の存在意義のようなものを定義し解釈したのか、腹落ちしたのかが関心があり読み進めていた。

自分にとって面白かった内容が、まず「本当の自分/ウソの自分」という考え方に対する考察。例えば僕の場合、基本的にみんなで一緒に行動よりも、一人で行動する方が好きであり、わかりやすいのが行事系のもの、例えば文化祭なんかは最たる例です。「いいよそういうの」「やりたいやつがやればいいじゃん」と思ってしまう性格です。

では、たとえばそんな文化祭に参加したとして、その時の表向き取り繕っている自分は「ウソ」の自分であり、一人でいる時の自分が「本当」の自分という構図なのだろうか?実際は、文化祭の時も自分という人間はそこにいたわけで、架空な存在ではないし、生のコミュニケーションがそこで発生しており、そこの当事者である私は本当の私なわけです。つまり両方とも本当の自分。

それを文化祭の自分は本当の自分ではないと決め打ちしてしまうと、一人でいる時の自分が本当の自分なのか?でもそもそも本当の自分は?と考えてしまい、これだと思える本当の自分を見つけるために本当の自分探しにでかけようと迷路に入り込む。でもこの自分探しって今も多くの人が悩んでいることですよね。

分人の考え方を理解する上で、この「本当の自分・ウソの自分」の枠組みで捉えてはいけないという点がまずひとつです。そして「本当の自分・ウソの自分」という考え方の前提にあるのが、自分=個人とする考え方。個人は人間の最小単位でこれ位以上分解できないとする単位、そして自分という存在は唯一無二の一個人、そう捉える考え方です。だから唯一無二の本当の自分とは何だろう?何をしたいのだろう?どんな存在意義あるのだろう?と悩むことになる。

そこで分人の考え方の登場です。分人は個人を切り分けることができる前提の考え方です。さっきの文化祭と一人行動している僕のケースでは、僕という唯一無二の本当の自分が、仮面をつけて文化祭にでてウソの自分として振る舞い、家で仮面をぬいで特定の何かをしているときに本当の自分になる、と考えるのではなく、文化祭にでているときは僕の分人Aが、家で特定の何かをしているときは分人Bが、そのどちらも本当の自分だよという考え方です。これだけだと言葉遊びに聞こえると思いますが、この考え方がなるほどと思うのは次のような場合です。

例えばいじめや虐待を受けた人が、分人ではなく個人の考え方だと、いじめや虐待された経験がその後もずっと後をひきずることになります。自分という個人は唯一無二だからです。その唯一無二の自分が経験した以上、自分の残された人生においても、それは脳裏に焼き付き、ついてまわる消せない過去になり、様々なシーンで思考や行動を抑制するのでしょう。

それが分人の考え方では、過去に受けたのは例えば分人Aだけであり、家族や仲間との時間、趣味の時間等、自分が幸せだと感じて過ごしている分人Bを人生の中心になるべくもってくるようにできれば、なんだか気持ちが楽なる気がしないでしょうか。私はいじめを受けたり虐待された経験がないので、こういってしまうと経験されている方に、そんな簡単なものではないとお叱りをうけるかもしれませんが、1%でも前を向く要素になるのではないかと思いました。

ビジネスパーソンですと、力関係で不条理を押し付けるダサい上司や取引先のカウンターパートもなかにはいると思います。そこと対峙している間の分人も確かに存在するけれど、帰宅したあと家族と楽しく過ごしている分人もいるわけです。あるいは筋トレをして充実している分人がいるという人もいるでしょう。なので、なるべくその不条理な時以外は、それにひっぱられないように、いやなことに対して、唯一無二の個人である自分が経験したと考えず、分人思考で捉えてみましょう。僕の場合、自分が創業者なので上司がいないためブラックなパワハラはありませんが、取引先等で割合的に20人位仕事する機会があると、1人くらいはいわゆる「変わった人」に遭遇している気がします。そんな時はひさびさが故に体感的には大きいストレスを感じるので、その場だけでなく負の感情(怒りの感情)がしばらくひきずることもあります。ストレスフリーを追求したい僕にとっては、うまく自分の中で対処したいと思っていました。そこでこの分人思考はなるほどと思い、今後自分のマインドに刷り込んでいく作業をしていきたいと思いました。

ちなみにさきほど特定の分人を人生の中心にもってくると書きましたが、平野さんは分人の構成比率を変えることで調整すると書いていました。なるほどですね、実現するには自分に意図的に刷り込むことを重ねる必要があるのかなと思います。また他に面白かったこととして、分人は相手がいて生じるものであるため、自分とは結局、半分は他人が含まれている、他人の影響を大いに受けているという考え方です。いろいろな人との関係で生じる分人たちすべてが本当の自分であり、その構成比率を変えることで人生のイニシアチブをとっていこう、そして自分って結局半分は良くも悪くも他人が提供しているんだよ、そう考えると、前述の不条理なシーンに遭遇していたとしても半分は自分のリアクションが悪いのは確かにあるかもなぁと反省することができ、前向きなライススタイルをプロアクティブに設計できそうな気がしないでしょうか?

また他にも、分人のステップとして社会的、グループ向け、特定の人といった切り口の説明もあり面白いです。なので哲学的な悩みを抱えている人は是非本書を読んでみてください。

内容が難しいので僕が書いた内容も平野さんの話している内容を履き違えているかもしれません。僕にとっての読書は自分の人生にどう生かすことができるかに尽きると考えていますので、理解が甘くても少なからず大いに糧になった内容でした。またしばらく人生をあゆみ、ふとしたタイミングで2回目読んでみたいと思います。平野さんに感謝。

今回の本:「私とは何か」https://amzn.to/2CQK14i